2011年02月28日

清水建設、ガラスに張り防火性能高めるフィルム

清水建設は、板ガラスの両側表面に張り付けるだけで、防火性能を高めるフィルムを開発した。

火災時にはフィルムに含まれる成分が発泡し、ガラスの温度上昇を抑えてひび割れなどを防いでくれる。

オフィスや工場、医療・福祉施設の避難経路に面するガラスに張り付ければ、高価な耐熱強化ガラスを使わなくても防火性能を高められる。

フィルムは厚さ1ミリメートルで、ケイ酸ソーダを樹脂でサンドイッチ状に挟んだ構造。

一方の樹脂をはがし、オフィスなどで一般的な厚さ6ミリメートルの板ガラスの両側表面に張り付けて使う。


千葉の屋根工事の一押し 
http://www.yaneyasan.net
千葉の太陽光発電実績No.1 
http://www.solar-com.net
千葉のお得な総合リフォーム 
http://www.homedoctorplus.net
千葉の屋根塗装・外壁塗装なら  
http://www.tosou-pro.com
横浜の屋根工事なら 
http://www.yaneyasan14.net
外壁塗装・屋根塗装の一括見積 
http://www.tosou-support.net


「参照サイト」http://sumai.nikkei.co.jp/news/latestnews/
posted by スター☆ at 12:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。