2011年02月15日

古民家捨てないで 改築指南や古材販売…鳥取に再生協会

まだ十分住める木造住宅を再生し、その価値を見直そうという古民家再生協会が鳥取市に設立された。

やむなく解体された住宅は木材を古材として市場に回し、廃棄物の減量につなげる。

3月には古民家鑑定士の認定講習会も開く。

 古民家の醸し出す安らぎ感ある造りや伝統美は最近注目されている。

若者にも人気があり、梁(はり)や柱といった古材が店やマンションの内装に使われることも多い。

全国的に古材の流通ルートの整備が進められている。

 協会によると、県内には1950年以前に建てられた家屋が2万1千戸あり、そのうちの7、8割が木造住宅という。

「数十年かけ自然乾燥した柱材は色つやが良いうえに強度が増し、200年は使える。

捨てるのはもったいない」と昨年9月に活動を始めた寺谷哲代表理事(64)。

 約10年前から住宅リフォーム業を手がけ、壊されて廃棄物扱いされる古民家を数多く見てきた。

「このままでは日本の文化や技を伝える古民家が消える」と危機感を募らせ、協会を立ち上げた。

 古民家を改築しバリアフリー化などを施す経費は新築よりも一般的に2、3割高くつく。

協会は古民家の価値を持ち主に説明するとともに、予算と照らし合わせて適切な改築法を指南する。

売却を考えている持ち主には古民家の流通ルートを紹介する。

 今後は解体業者や木材業者に協力を呼びかけ、壊された住宅から出た大黒柱や梁を一時的に保管できる態勢を整えたいという。

地元の新しい木材と古材をセットで販売する仕組みを作る狙いだ。

 古民家鑑定士は厚生労働省が認可する財団法人「職業技能振興会」の認定資格。

かつて築25年程度で不動産価値を失うとされた木造住宅の新たな価値を見いだす。

昨年10月に県内で初めて認定試験があり、女性4人を含む22人が合格した。

 合格者の一人、鳥取市行徳の主婦本城京子さん(57)は築65年の住宅に住む。

「祖父がヒノキで建て、古くなるほど素晴らしく感じる。

ゆくゆくは自宅を含めて良い物を残していければ」と話す。



千葉の屋根工事の一押し http://www.yaneyasan.net
千葉の太陽光発電実績No.1 http://www.solar-com.net
千葉のお得な総合リフォーム http://www.homedoctorplus.net
千葉の屋根塗装・外壁塗装なら  http://www.tosou-pro.com

「参照サイト」http://mytown.asahi.com/areanews/tottori/OSK201102100139.html


posted by スター☆ at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

東洋エクステリア、デザイン自由な門扉枠

 東洋エクステリアは門扉用部品の新製品を発売する。

パネルや枠を自分で組み合わせられる「デザイナーズパーツ」シリーズに対応しており、好みに合わせてデザインを変更できる。

年間5000万円程度の売上高を目指す。

 「縦張り用」と「横張り用」の門扉枠2種類を3月1日に発売する。

それぞれ木材の板やパネルなどを好みに合わせて取り付けられる。

現場で施工する際、幅を現場で切り詰めてサイズを調節できる。

これまで門扉を取り付けていなかった戸建て住宅向けに販売する。



千葉の屋根工事の一押し http://www.yaneyasan.net
千葉の太陽光発電実績No.1 http://www.solar-com.net
千葉のお得な総合リフォーム http://www.homedoctorplus.net
千葉の屋根塗装・外壁塗装なら  http://www.tosou-pro.com

「参照サイト」http://sumai.nikkei.co.jp/news/latestnews/index.cfm?i=2011020805544p2

posted by スター☆ at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

和室をフローリングにするリフォームは色と艶がポイント

畳の生活が減ってきた現在、和室をフローリングにしたいという希望は増えています。しかし、壁や天井も全て洋風にするとなると、床だけの工事に比べリフォーム費用は倍増します。そこで床だけフローリングを敷くリフォームをしたけれど、取って付けたような違和感のある部屋になってしまったという失敗も多いのです。

本来、和室には板貼りの床がよく似合います。畳の和室をフローリングにリフォームする際に注意しておきたいポイント! それは、カラーコーディネートと艶感です。

一番手軽にコーディネートする方法は、フローリング材の色を、柱や天井の色とできるだけ合わせること。その際、あまり艶感の強いタイプを選ぶと、床だけ浮いてしまいますので注意しましょう。そして洋風フローリング材を使う場合には、障子の代わりに前のページでご紹介したようなスクリーンを合わせれば、上手にまとめることができます。

また、柱や枠が古く汚れている場合には、「あく洗い」 と呼ばれる薬品洗いで見違えるようにキレイにすることができますので、その色に合わせて選ぶようにしましょう。濃い色の床材にしたい場合には、柱や枠回りを同色に塗装するなど、色合いを合わせると上手く馴染みます。

和室だからこうしなくてはならないという事はありません。畳や板貼りだけでなく、御影石やタイルもよく似合います。モダンな雰囲気、多国籍風、和洋折衷、本格和室など自分にとって居心地の良い和室作りを考えてみましょう。

また壁をリフォームしたい場合には、工事方法と費用をよく確認しましょう。元が塗り壁の場合、洋室のように柱を隠したクロス貼りにするリフォームは、そのまま壁を塗り替えるのに比べ大きな費用が掛かります。それぞれの見積もりを出してもらい、値段と効果を検討して選ぶとよいでしょう。

千葉の屋根工事の一押し http://www.yaneyasan.net
千葉の太陽光発電実績No.1 http://www.solar-com.net
千葉のお得な総合リフォーム http://www.homedoctorplus.net
千葉の屋根塗装・外壁塗装なら  http://www.tosou-pro.com

「参照サイト」http://allabout.co.jp/r_house/gc/30822/3/

posted by スター☆ at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。